レーザー治療のご案内

当院では安全、快適、効率的な歯科治療を実現するためにレーザー治療を導入しております。
歯科治療といえば、「痛い」 「抜く」「削る」などといった不快なイメージがあると思いますが、レーザーは、痛みを和らげ、「抜く」とか「削る」ことを最小限にします。歯ぐきなどのハレをおさえ、歯周病を治療し、傷の治りを早くするだけでなく、むし歯になりにくくしたり、むし歯になってしまったら必要最低限の除去治療ができるほか、歯を白くするなどの特別な処置にも使われます。
レーザーは最先端の医療システムで、今までにない治療ができます。

レーザー治療の効果

  • 歯槽膿漏への適応

    歯ぐきに膿がたまって腫れや痛みが出ているようなとき、レーザー治療することにより歯ぐきの消毒、歯ぐきからの排膿を促し、症状を改善します。

  • 口内炎、口角炎の治療

    口の中や唇に白いものができて、触れると痛むようなとき、痛みの軽減、治癒の促進を図れます。

  • 知覚過敏症

    歯ぐきがやせるなどして、冷たいものが歯にしみるような知覚過敏症の場合も歯の神経を鎮静し効果的です。

  • 美歯科への応用

    歯ぐきにメラニン色素が沈着し黒ずんでいるような場合、数回のレーザー治療によりピンクの歯ぐきを得ることができます。

  • 止血効果

    歯を抜いたり外科処置の後、血が止まりづらいような場合の止血、および局所の消毒を瞬時に行えます。

  • 生体作用の活性化

    レーザーは新陳代謝を活発にし、生体の早く治ろうとする力(自己修復能力)を強くする作用があるため、治癒の促進を期待できます。

  • 痛みの軽減

    急性炎症や外科処置後の痛みに対し、除痛作用を発揮し、これを軽減することができます。

  • 感染防止対策

    レーザー治療は、歯や歯ぐきに触れずに行うため、エイズや肝炎ウィルスの院内感染の心配はありません。

  • 安全性

    強い殺菌・消毒作用や、傷の治りを早くする作用があるので消炎剤や抗生物質の投与を少なくできます。そのため妊娠している方や、他科で薬の処方を受けている方でも安心して使用できます。

  • その他

    その他、レーザーは腫瘍や小帯の切除などの外科処置や、入れ歯によるただれ及び顎関節症の痛みをやわらげる効果もあります。

PAGE
TOP